MENU

発毛スイッチ?|最新医学

体に毛を生えさせるスイッチを入れる物質を、米エール大学の研究チームがマウスを使った実験で発見した。
発毛にスイッチ入れる物質を発見…米チーム
研究チームは、毛根の周りにある「脂肪前駆細胞」に注目したらしい。
その数を調べたところ、毛が成長する直前に増えていた。
脂肪前駆細胞ができないようにマウスの遺伝子を操作すると、毛は成長しなかった。
さらに脂肪前駆細胞の働きを調べた結果、この細胞が「PDGF」というたんぱく質を作り、
PDGFが毛の幹細胞に作用して毛が生え始めることがわかった。

 

 

本当に毛が生えてくるスイッチがあるとしたら、、、
夢のような話しですね。

 

薄毛で悩む我々にとってはは、絶対的効果が約束されるなら、高額な値段でも支払う人は多いとおもいます。
医者に処方してもらう、プロペシアとかは、発売当初に結構話題になってたけど、
これは相当効果に個人差があるみたいです。
しかもこっちも高額な値段です。
いつか商品化したら大量生産、大量消費で低価格を実現してもらいたいものです。

 

リアップも発売当初は期待されていたみたいだけど、聞くのはあまりい噂は聞きません。

 

このように、結果的にあまり効果がないようなものにはなって欲しくない!

 

 

でも、これが実際に販売されるのはいったいいつになるのだろう?